台湾へ移住して日本語教師

2018年から台湾で日本語教師をしています。

会話が一番難しい

外国語を勉強したことがある人ならみんな思うことですが・・・「会話って難しい」です。自分の体験を振り返りつつ、会話の教え方について考えてみました。

 

会話はどうして難しいのか

わざわざ書かなくてもいいかもしれませんが😅💦

会話が難しい理由は、相手(特にその言語の母語話者)が何と言うのかわからないからです。

 

「トイレ(駅)どこですか〜?」は結構どんな外国語でも初級の段階で教えると思います。そして実際にその表現を使ってトイレの場所を聞くと・・・

 

「トイレ?あー、%’’)#=%#(’&”&’」

「・・・・」

 

みなさん、こんな経験をお持ちだと思います。私ももちろんあります。相手が何を言っているのか分からない場合は会話になりません。

 

すると、先生は「ゆっくり話してください」や「もう少し簡単な言葉で話してください。」とか「〜は何ですか?」のようないわゆるストラテジーを学生に教えます。

 

さて、この言葉を何回繰り返すメンタルの強さがあるでしょうか。

何度か行ったことがある店、顔見知りが相手なら何度か言えるかもしれませんが、お店とか道端の初対面の人に何度も使うのはどうしても「悪いなぁ」という気持ちになります。

 

台湾で迷う瞬間

先日、靴を買いに行ったら、ちょっと汚れがついていました。

 

 

 

右にちょっと青いペンの汚れ。

水性ペンっぽいし、自分で落とせるかも🤔と思いましたが、上の方を見ると同じデザイン、同じサイズのものがあります。でも、自分では取れない高さ。。。

 

近くの店員さんに、「あのー、ちょっと汚れが。。。」と言うと、「他のなかった?」というようなことを言われたので、「あるんだけど、高いところで。。。」と言ったら「ちょっと待っててー」と快く取ってくれました🤗

 

あー、よかったと思って一足受け取ろうとしたら、

「あ、これかな。あ、これも。」と言いながら3足ぐらいどんどん取る店員さん。

靴を並べて、「どれにする?」と聞いてくれる店員さん。

 

ヤバイ、会話が続いてしまう😰

焦る私🤣

 

早く選んでさっさと会話を切り上げようと「じゃあ、これ」と選ぶと、親切すぎる店員さん、さらに「化粧の汚れ落としとかあるでしょ?もしこれも何かで汚れちゃったらそれで洗うときれいになるよ。」というプチ情報。

「へ、へー、そうなんだ😅😅😅。ありがと〜」とそそくさその場を離れました。

 

そこは観光地にはない現地の人が多いデパート。

こういう場所は外国人をひた隠しにしているので、店員さんとの会話になると「外国人ってバレたかな?バレたかな?!」と変な汗をかく私🤣

 

まとめ

この、母語話者に自分がなると、別に大したことではないし、「分からないなら分からないって言ってくれればいいのに。」と思うこと。

なぜ、自分が学習者になると急に変な緊張をしてしまうのでしょうか🤣

次回はこの学習者特有の緊張を踏まえて、会話の教え方をもうちょっと考えてみたいと思います。

 

カタカナ語彙

日本語を学ぶ人にとって、意外と大きな障害になるものが「カタカナ語彙」です。私も「これは分かるだろう」と安易に考えてしまうのですが、分からない学生が多いカタカナをピックアップしてみました。

 

お菓子やケーキなどに使われているカタカナ

まずはちょうど写真があったので、こちらから。

 



チーズ、ケーキはおそらくほとんどの学生が理解できると思います。ひっかかるだろうなぁと予想されるのが「トリプル」と「スイーツ」です。

 

英語の発音だと、「triple」のアクセントは3つめの「i」ですし、「t」はほとんど発音されないと思いますが、日本語の発音だと1番最初の音が高い「頭高」で、「t」の発音もすることになります。

 

同じ理由で、「チョコレート」や「ストロベリー」なども外国人にとって「聞きにくい」「意味がわからない」カタカナになります。

 

店名

これが1番私も忘れてしまうのですが、英語の店名の場合、学生が英語の発音で言うと私が分からず、私がカタカナで発音すると、学生がわかりません🤣

 

ちなみに今までで1番学生に笑われた店名は、

「フォーエバートゥエンティワン」(アパレルメーカー)

 

私の中でこれは1番分かりにくかったなぁと思ったのは、

「ラウンドワン」(ボウリング関連のお店)

 

ラウンドワンは学生が何度言っても私が分からなかったため、最終的には黒板に英語を書いてもらう事態にまで発展しました🤣🤣

 

そうは言っても・・・

ただ、じゃあ他の国では外来語は原語の発音に近いのかと言うと・・・中国語の場合はそうとも言い切れないと思っています。

例えば、

 

マクドナルドは、「麥當勞」。カタカナにすると、「マイダンラオ」のような発音。

日本語といい勝負に違うような・・・🤔

 

コストコは、「好事多」。カタカナにすると、「ハオスードー」のような発音。ただし、コストコは台湾人のほとんどが「コスコ」という英語と同じ発音を使います。

そう、コストコって正しくは「コスコ」です。

 

コロッケは、「可樂餅」。カタカナにすると、「クーラービン」のような発音。

ちなみに、コーラは「可樂」というので、「コーラ餅」かと思ってしまいます🤣

 

まとめ

つい忘れてしまいがちなんですが、最近のJLPTにはカタカナ語彙も結構出てくるので初級後半ぐらいから少しずつ意識的にカタカナ語彙を出していくのがいいかなぁと思います。

ついつい、台湾人は漢字語彙の方が覚えるのが早いと思うので漢字を使ってしまうのですが。。。。

台湾の人の勉強法

世の中にはいろいろな勉強法があると思いますが、今まで「それは効果がない」と思っていた方法が台湾で主流な方法となっていたのでびっくりしました。

 

一般的な語学学習

台湾の人の学習法のご紹介の前に、まずは一般的な学習の流れです。英語を例にまとめてみました。

 

・アルファベットを覚える。

・あいさつや自己紹介など簡単な文型から学習をスタートする

・初級レベルの文法と語彙をマスターすれば、ネイティブと2往復ぐらいの会話が可能

 になる(もっとできるようになる人もいますが)。

・自分の意志を伝えたり、道順などを聞いたりできるようになるが、相手が何を言って

 いるのか分からなくなってショックを受ける。

・ショックにより学習を諦める人と、さらにブラッシュアップをする人に分かれる。

 

最後は個人の想像です🤣

私は小学校で始めた英語の勉強が楽しくて、外国の人と話してみたくて仕方がなかったのですが、英語のイディオムが覚えられなくて諦めた人です。

 

台湾の人の日本語学習

他の言語に関しては分からないので、日本語の学習について側から見ていて気づいたことになります。

 

・ひらがなとカタカナを覚える。

 

これは英語のアルファベットと同じ。ですが、教える前から台湾の人が知っているひらがながあります。

それは・・・

 

「の」

 

台湾の街を歩くと、けっこう頻繁に日本語を見かけると思います。その中でも一番多く見かけるのが、おそらく「の」。

中国語なら「的」が日本語の「の」に近い助詞なのですが、中国語の文でも「的」だけ「の」という日本語に変えて使われていることが非常に多いのです。

 

 

これ、台湾でお正月に使われる飾りなのですが、縁起のいい言葉や願いが書かれています。右から左の「全村の希望」は一瞬、日本語のように思えますが中国語です。

 

その後の学習のながれ

 

・あいさつや自己紹介など簡単な文型から学習をスタートする

・初級レベルの文法と語彙をマスターすれば、ネイティブと2往復ぐらいの会話が可能

 になる(もっとできるようになる人もいますが)。

・自分の意志を伝えたり、道順などを聞いたりできるようになるが、相手が何を言って

 いるのか分からなくなってショックを受ける。

 

ですが、この流れの人も多いです。ですが、初級レベルなのに、妙にネットスラングや流行語を知っている学生、教えてないことまで知っている学生がいます。

 

この前担当した初級クラス(可能形を勉強するぐらい)の学生が「長芋も好きです。」

というので、「おいしいですよね〜」と返事した後に、

「ん?長芋って教えてないな。なんで知ってるのかな😅」と思いました。たぶん、上級レベルでも知らない人は知らない語彙です。

 

なんでそんな学生がいるのか・・・

 

独特な学習法

おそらく、冒頭で述べた「効果がないと思っていた」学習法が台湾の人には効果的面だということです。それは、

 

ドラマやバラエティー、ゲームで語学を身につける

 

よく、「週末、日本語を勉強しましたか?」と聞くと、「テレビを見ました。」とか「ドラマを(母語の字幕をつけて)見ました。」という人がいます。

 

これ、上級になってからならともかく、中級以下にはあまりおすすめできません。なぜなら、普通に母語の字幕を見てドラマや番組を楽しんでしまうから🤣🤣

 

これは、イギリスやアメリカの映画、ドラマが好きな人は身に覚えがあると思います。私たち(それとももしかして私だけ?!)日本人はどれだけ熱心にマーベルやハリポタを見ても、英語が上達したという経験はあまりないのではないでしょうか。

 

ところが台湾の人は授業中に何かの文型や語彙を紹介すると、

「それ!ドラマで聞きました。えーっと・・・」と思い出しながら暗記しているセリフを言ったりします。

 

ドラマだけでなく、歌の歌詞などでも「それ、○○さんの△△っていう歌で聞きました」と言われて、慌てて歌詞を調べたら本当にその文型が使われていたということも多々ありました😅💦

 

まとめ

ただドラマを見たり歌を聞いただけで覚えられるかなあと今でも懐疑的なのですが、ドラマで日本語を覚えたというお医者さんに診察をしてもらったこともあるので、侮れません。

もうちょっと真剣に(?)英語や中国語のドラマを見れば、語学力がアップするかもしれません。

 

 

養成講座に行くべきか?

以前も日本語教師になる方法をいくつか紹介しました。

 

totolu.hatenablog.com

 

「日本語教師になりたい」なら、ここで紹介した方法のいずれかを選ぶのがいいと思います。が、「台湾で日本語教師になりたい」場合はちょっとだけ事情が違います。

 

台湾で日本語教師になりたい人いろいろ

私個人の観測では台湾で日本語教師の仕事をしよう!!という人は大まかに分けてこんな事情の人たちかなぁと思います。

 

1.台湾にとにかく住みたい(中国語も身につけたい)

2.パートナーが台湾人

3.日本語教師として初めの一歩を踏み出したい

4.中国語がけっこう上手だから、それを活かしたい

 

まだ他の理由がある方もいらっしゃると思います。3の人はおそらく、養成講座や大学の主専攻・副専攻で日本語教育の基礎を学んでいるはずなので、今回は対象外🤣

他の人は養成講座に行くべきか?を悩むと思います(授業料は決して安くありませんし)。

 

台湾にとにかく住みたい人

日本語教育について学んだこともないし、まだ中国語もそれほど身についてないというタイプの人。

 

さらに細分化して🤣、

 

「まず中国語を学んでから仕事を探す」という人は養成講座は必須ではないのではないかと思います。

「まず日本語教師になってから、ゆっくり中国語を学ぶ」という人は養成講座に行っておくか、独学で少し勉強したほうがいいのではないかと思います。

 

なんで違うのかというと、まず中国語を学ぶ人は、「学生」という身分で台湾へ来ることになります。生活習慣や言葉の壁があっても自分は「教えてもらう方」であることと、中国語を学んでいるうちに日本語教師への興味がなくなる可能性もあります。

 

が、まず日本語教師になる人は自覚はなくても、日本語教育の基礎知識がなくても「先生」として扱われます(学校でも最初から先生と呼ばれます)。

生活習慣、言葉に壁があり、且つ自分は「教える方」であり、「自分の知識と心の準備がまだ・・・」と思っていても教室に放り込まれます🤣

 

パートナーが台湾人

このパターンの人がけっこう多いと思います。

台湾の求人の中には「未経験可」や「養成講座修了していなくても可」のような求人もあるので、1番悩むのはこのパターンの人かなぁと思います。

 

もし、中国語が流暢でないならば養成講座まで行かなくても独学で多少勉強するのがおすすめです。

 

全てのカップルに当てはまるわけではありませんが、パートナーがいる場合、あなたのお休みはパートナーの家族や友人と過ごす時間も少なくないと思います。必然的に職場にいる時間以外は授業の準備や覚えなければならないことを覚える時間になります。

 

ほとんどのパートナーは「日本人なのになんで覚えることがあるのか?」と疑問に思うはず。<「日本人が勉強する文法と日本語教育文法は違う。」ということを説明しても理解してもらえない可能性/u>があります。

 

中国語がけっこう上手だからそれを活かしたい

養成講座へ行ってください🤣

中国語が上手な先生というのは実は結構重宝されます。が、中国語が上手な先生に学生は中国語で質問をし、気が付いたら「ほぼ中国語でしゃべっている」状態になり、学生は日本語が全く上達しません。

 

ただ中国を活かしたいだけなら日本語教師ではなく一般企業がおすすめです。

でも、日本語教師にも興味があるというなら、言語比較などをしながら授業ができるという強みがあります。「翻訳」「通訳」のような授業も担当できるし、需要も高いと思います。

 

まとめ

大学で勉強するにしても、養成講座へ行くにしても、決して安くはない対価を支払うことになるので、3以外の方は「本当に日本語教師の仕事をしたいのか」を再度自問自答することをおすすめします。

「そんなこと言われてもわからない」という人は、身近に外国人がいればちょっと一緒に日本語を勉強してみるとか、いないという人は「誰かに何かを教えてみる」体験をするだけでもいいのではないかなぁと思います。

 

台湾の人は勉強が好き

私は中国で2年半、日本で10年ほど日本語教師の仕事をしてから台湾へ移住しました。今回は台湾で仕事を初めて、私が面食らったことを書いてみたいと思います。

 

授業に出るために有給をとる

会社によって違いますが、台湾では1時間単位で有給を取ることができる制度があります(私が働いているところも取れます)。

 

そういう会社に勤めている人は、「あ、遅刻しそう。1時間有給を取ろう」とか「今日は疲れちゃった。2時間早く帰ろう」とかで有給を使うようです(申請は当日も後からもOK)。

 

ある日の授業のあと、学生が「先生、有給がなくなりそうなので来週は出席できるかどうか分かりません。」と言ってきました。

少々面食らってどういうことか聞いたところ、授業に出るために毎週1時間〜2時間有給を取って出席していたようなのです。

 

え!?有給ってそんなことに使っていいの???と思いましたが、その学生は「授業に出たかったから😄」とにっこり。

コロナで旅行などができないから有給があまるということもあったようですが、なんていうか、そんな犠牲を払ってまで出席していくれていたとは思いませんでした😅💦💦

 

テストや宿題を集めてくれる

授業中に小テストをしたり、宿題を回収したりすることがありますが、クラスの人数が10人を超えるとちょっと大変・・・

 

日本人なら先生が「集めます」と言ったら、後ろから前に回答用紙を送るというやり方をすると思いますが、外国の人は「集めます」と言う前からできた人が手をあげたり、こちらに「できたから受け取れ」というような合図を出してきます。

 

なので、小テストが始まって2分ぐらいしたら学生をじーーーーと見つめなければなりません👀

 

が、台湾へ来て初めて小テストをやったクラスで、「そろそろ集めますよ」と言ったら、なんと後ろから前へ送る方式(そんな名前?🤣)で集めてくれるではありませんか!!

 

さらにさらに、人数が15人を超えるクラスになると、誰かが宿題を集めて、授業が始まるまでに教壇に置いてくれたりします。

 

誰がやってくれたんだろう!ここは日本の小学校か?!と一人感動して感謝を伝えるも、学生には「この先生大丈夫か?」というような顔をされるばかり。。。

 

カンニングをしたことがあるけど、しない

授業で「カンニング」という名詞を教えるとき、「カンニングしたことがありますか〜?」と日本でも台湾でも半分冗談で聞きます。

 

日本では(台湾の学生も含めて)「ありません!!」という答えが返ってくるのですが、なぜか台湾で聞くと・・・

 

「ありますよ」(それが何か?)

 

という反応が返ってくることがあります😂

あまりの正直な答えに「え!?本当に??」と聞き返すと、「みんなあるでしょ〜。」と意図せずに教室が爆笑の渦。

 

といっても、小学校の授業中にやる小テストの話だそうです。期末試験や入学試験のような試験では絶対にカンニングをしないそうですが、小学校の時は「みんなする」とのこと(本当?)。

 

これを聞いてから、授業の小テストの最中にちょっと教室の外へ出ることがあるとき、カンニングするのかな?!と思いながら出るのですが、どうやら小学校を卒業したらカンニングはしなくなるようで、まだ学生のカンニングを発見したことがありません。

 

まとめ

私の個人の感想ですが、日本の学校でいろんな国の人が混ざっている時の台湾の学生と、台湾へ来てから台湾人がほとんどの状態の台湾の学生は印象が少し違います。

日本国内でいろんな国の学生に教える楽しさもありますが、海外である国の学生だけに教えるのもいろんな発見があって面白いですね。

 

 

台湾の日本語教師求人事情

先月から国境が開かれて、台北市内でちらほら外国人旅行者らしき人たちを見かけています。

コロナで「留学したい」とか「海外で働きたい」というのが難しかったと思いますが、来年ぐらいは・・・と考え始めている人が多いのではないでしょうか。というわけで、ざっと求人事情はどうなっているのか調べてみました。

 

日本のサイト

以前の記事でもご紹介したサイト3つ。詳細はこちらから→

 

totolu.hatenablog.com

 

NIHONMURA矢→なんと・・・掲載なし!!😱

日本語オンライン→5校掲載あり!うち1校は大学でした(非常勤ですが)

日本語教師のつどい→3校掲載あり。

 

というわけで・・・思ったより少ないなぁと思いました😅💦「台湾って日本語勉強する人が多いんじゃないの?!」と思われそうですが、そうなんですが、けっこうコロナで淘汰されてしまった学習機関も多いです。。。

 

まだまだ「もう大丈夫!!」と言い切れない状況なので、各校慎重になっているような気もします。

 

台湾のサイト

前の記事には書かなかったんですが、中国語ができる方なら、台湾のサイトで探すというのも1つの方法だと思います。

「人力銀行」(おもしろい名前😂)で検索すると、「104」とか「1111」とか数字がついているサイトがいくつか出てくると思います。

この数字の違いは、謎です🤣🤣

 

「日本語教師」で検索してもいいし、日本語教師に限らず台湾でできる仕事を探したいなら、「日籍」と入れて探すと、ときどき日本語で募集要項が書いてあるページもヒットします。

 

大学関係のサイト

友人から聞いたのですが、修士以上の学歴があれば日本人は大学の求人に応募できることが多いようです。が、求人情報は大学のサイトに掲載される場合が多いとのこと。

 

つまり、台湾の大学で日本語学科や日本語の授業があるところをある程度知っていないと仕事を探すのは困難、そしてサイトを見て「どこに求人があるか」探せないといけないということです😞

 

また、「台湾大学」「東呉大学」のように日本語やそれ以外でも名が知れ渡っている大学は「博士」が必須になると思います。

 

上記の2つの大学のサイトをのぞいてみましたが、私の中国語能力では募集を探し出せませんでした🤣💦

 

まとめ

思ったより求人情報が活気を帯びている・・・わけではありませんでしたが💦、日本国内は結構いろいろな情報が出ていたので、台湾も来年になったら求人が増えるのではないかと思われます。

 

 

台湾で日本語教師をする⑧

日本語教師の仕事を台湾で探す〜移住〜生活費(主に食費🤣)や休日のことをかいてきたので、今回は教材事情について書いてみたいと思います。

前回の記事はこちらから→台湾で日本語教師をする⑦ - 台湾へ移住して日本語教師

 

台湾で使用される初級教材

いきなりですが、私がちょっと面食らったのが台湾の初級教材事情でした。

海外は、特に欧米圏は日本国内で一般的に使用されるような「みんなの日本語」や「大地」のような総合日本語テキストではなく、英語で書かれている「Japanese for~」シリーズを使っていることが多いです。

 

が、アジア圏は「みんなの日本語」を使うところが多いイメージだったのと、台湾は日本語教育がかなり浸透しているところなので、日本国内と使用するテキストにそこまでの差はないかなぁと思っていました。

 

実際は、各学校オリジナルテキストやら教材やらを作って使っているケースがけっこうあります。

困るのは、「みん日はここまで教える」というような範囲が現地のテキストとちがっていることがあります😅💦

例えば、「〜なら」を教える時に、「話題」しか教えなかったり、逆に「みん日でそんなこと教えない」というような範囲が現地のテキストに載っていたり。

 

台湾で使用される中級テキスト

中級は反対に、日本国内で使用されているようなテキストがそのまま中国語に翻訳されて、なんなら日本より安い値段で買えたりします。

特にJLPT系のテキストは日本とほぼ同じものが揃うし、各学校もおそらくそれを使って対策授業などをしていると思います。

 

たまに例文や問題が改訂の関係で違うので、そこだけ要注意です😂

中級やJLPTの授業は、日本の授業とそれほど変わらない雰囲気で授業が行えるんじゃないかなぁと思います。

日本国内でも「中級の壁」って問題になると思いますが、台湾も特に若い学習者はそのショックが大きいようで、やや問題あり。ですが、ブリッジ教材を導入している学校はあまり多くないんじゃないかなぁと思います。

 

台湾で使用される上級テキスト

上級までいくと、それほどテキストらしいテキストは要らないかなぁと思いますし、やっぱり上級でテキストを使って授業をするところはそんなに多くないんじゃないかなぁと思います。

 

台湾の上級者は「なんで学校へ来たの??」と思うぐらいハイレベルな学生も多いので、正直、上級を担当すると結構クラスの雰囲気に左右されてしまう部分があります。

日本から外国人向けの読解練習になるような教材を持って来ておいてもいいかなぁと思います。

 

私が時々使うのが、こちら!マンガで学ぶ日本語表現と日本文化

 

 

日本の一般家庭に、4月からアメリカから来た留学生が居候しながら、いろんな文化の壁にぶちあたっていくというお話です。

 

言いたいことは伝わるけど、ちょっと失礼な表現に聞こえるとか、

一人称の使い分けとか、

忌み言葉や婉曲表現など、

 

わりと日本語学習者が間違えやすいポイントを押さえて漫画にしているなぁと思います。

 

漫画の中で、留学生の男の人がどんなミスをしたのかは、けっこう分かりやすく書いてあります。なのでミスを見つけるのはおそらく上級じゃなくてもできると思います。

 

そこからさらに、「じゃあ、どう言えばいいと思う?」「台湾でこの表現をしたら失礼?」のように文化比較をしつつ、日本語は文法よりも発音よりも、もしかしたら敬語よりも「表現を選ぶことが一番難しい」ということを伝えるようにしています。

 

一番困るのは・・・

海外で日本語を教える場合、一番テキストも少なくて困るのが、「会話」です。

会話を苦手とする先生も多いと思いますが、ただのおしゃべりをすると「授業を受けて勉強した気がしない」し、

作り込みすぎて、ロールプレイやこちらが設定した会話となると、「決まったこと、何回も言ったことあることしか話さない」です。

 

会話がうまくできないという学生の「苦手」という思い込みも根強いです。

 

海外の場合は、教師自身もその国の言語の学習者であるケースが多いので、その立場を利用して、「この前中国語で〜って言いたかったのにわからなかった」という体験から入っていくのがいいかなと思います。

一通り、教師の悩み相談が終わると、学生から「日本語ではなんて言えばいいの?」という質問が飛んできます。

 

各学校でモデル会話を作ったり、テキストを作ったりというパターンが多いと思いますし、日本国内でもいいテキストって少ないですが、海外では会話担当になることが多いので、何かしらの対策をしておいたほうがいいかなぁと思います。

 

日本語の森の先生がテキスト作られたようです。

 

 

まとめ

日本語教師の仕事をしていると、テキストってけっこうな量になると思います。もちろん、全部海外へ持っていく!というのもいいと思いますが、重いし、お金もかかるので最初は厳選して持ってくるのがいいかなと思います。

私はTRYのN3〜N1、みん日、できる日本語(初中級)、総まとめ辺りを持って来ていて、みん日はほぼ使っていません😅💦