台湾へ移住して日本語教師

2018年から台湾で日本語教師をしています。

カタカナ語彙

日本語を学ぶ人にとって、意外と大きな障害になるものが「カタカナ語彙」です。私も「これは分かるだろう」と安易に考えてしまうのですが、分からない学生が多いカタカナをピックアップしてみました。

 

お菓子やケーキなどに使われているカタカナ

まずはちょうど写真があったので、こちらから。

 



チーズ、ケーキはおそらくほとんどの学生が理解できると思います。ひっかかるだろうなぁと予想されるのが「トリプル」と「スイーツ」です。

 

英語の発音だと、「triple」のアクセントは3つめの「i」ですし、「t」はほとんど発音されないと思いますが、日本語の発音だと1番最初の音が高い「頭高」で、「t」の発音もすることになります。

 

同じ理由で、「チョコレート」や「ストロベリー」なども外国人にとって「聞きにくい」「意味がわからない」カタカナになります。

 

店名

これが1番私も忘れてしまうのですが、英語の店名の場合、学生が英語の発音で言うと私が分からず、私がカタカナで発音すると、学生がわかりません🤣

 

ちなみに今までで1番学生に笑われた店名は、

「フォーエバートゥエンティワン」(アパレルメーカー)

 

私の中でこれは1番分かりにくかったなぁと思ったのは、

「ラウンドワン」(ボウリング関連のお店)

 

ラウンドワンは学生が何度言っても私が分からなかったため、最終的には黒板に英語を書いてもらう事態にまで発展しました🤣🤣

 

そうは言っても・・・

ただ、じゃあ他の国では外来語は原語の発音に近いのかと言うと・・・中国語の場合はそうとも言い切れないと思っています。

例えば、

 

マクドナルドは、「麥當勞」。カタカナにすると、「マイダンラオ」のような発音。

日本語といい勝負に違うような・・・🤔

 

コストコは、「好事多」。カタカナにすると、「ハオスードー」のような発音。ただし、コストコは台湾人のほとんどが「コスコ」という英語と同じ発音を使います。

そう、コストコって正しくは「コスコ」です。

 

コロッケは、「可樂餅」。カタカナにすると、「クーラービン」のような発音。

ちなみに、コーラは「可樂」というので、「コーラ餅」かと思ってしまいます🤣

 

まとめ

つい忘れてしまいがちなんですが、最近のJLPTにはカタカナ語彙も結構出てくるので初級後半ぐらいから少しずつ意識的にカタカナ語彙を出していくのがいいかなぁと思います。

ついつい、台湾人は漢字語彙の方が覚えるのが早いと思うので漢字を使ってしまうのですが。。。。