台湾へ移住して日本語教師

2018年から台湾で日本語教師をしています。

違う字だったって分かるようにしてほしい

先日の授業で、孔子の論語を例文として引用したら、パソコンの漢字の罠がありました。

 

子曰く…

論語といえば、この書き出し「子曰く…」ですね。さすがに「曰く」の読み方は難しいので、ふりがなを振って並べ替えの問題を作りました。

 

中華圏の学生の場合は漢文や論語で使われている表現を使うと、並べ替えの問題でもスッと答えられるし文型も入りやすいのでよく使います。

 

<問題>

1. 子                。

  にして  曰く  惑わず  40

 

のような問題。ところが学生が予想に反して大苦戦💦

「曰く」は中国語でも「曰」のはずなのに、「えー💦ひ?にちは何??」と言います。

「これ、いわくって読むんですよ。中国語も同じですね?」と言っても

「いいえ、違います。この字はひですよね?」

「あれ??孔子の論語ですよ?」

 

何度かそんなやりとりをするうちに学生が気づきました。

 

違う字なんだ

「あー、日と曰は違う字ですよ。」

ん????

 

パソコンで打っていると余計に分かりにくいですが、横の太さが若干違います😅

一応、曰の方は真ん中の横線が右側に完全にくっつかないようです。

 

学生はずっと「日」だと思っていて、「にちく」「ひく」は何だ…と考え込んでいたようです。

曰くだと分かってからはスッと並べ替えられたんですが、授業の後にスライドを見返すと、

 

「いわく」って振り仮名降ってあるし、漢字も「曰」を使っていたので「日」と勘違いしたのはパソコン文字のせいじゃないかと思います。

 

それにしても、今までこれで引っかかった中華圏の学生がいなかったので、ちょっとびっくり。

 

この学生、国語が教科の中で1番苦手だと前々から苦々しく言っていたので、論語も嫌いだったのかも🤣

 

形の違いが微妙すぎるとはいえ…もうちょっと明らかに「違う字」って分かるようにできないのかなぁと思いました。

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックお願いします🙇

 

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村